美・にゅーある

流れゆく日々の中で願いも虚しく忍び寄る体の老朽化。
エステに通い続けそれなりに若返りもできるものの、
やはり先立つものも家計に相当な重圧となるし・・・。
ということで、家計に優しい「美」の取り戻し方を
まとめてみました。

    カテゴリ:美容 > 体操


    腰、腹周りの柔軟は大事だよ。『腸や腸腰筋』をストレッチでしなやかにしよう!!


    規則正しい運動は消化器を活発にする。運動は軽いものでも十分で、毎日20〜30分の歩行でよい。また、軽い腹筋運動やストレッチも効果がある。手を使って腹をさすり、の蠕動運動を促すことも効果がある(「もみ」「マッサージ」などと呼ばれる)。 便意を無視しないようにする。生活習慣において毎日決まった時間に便意を催
    29キロバイト (3,922 語) - 2019年12月2日 (月) 13:58



    (出典 croissant-online.jp)


    体の中心がほぐれれば、自然とと痩せられるかも♪

    【腰、腹周りの柔軟は大事だよ。『腸や腸腰筋』をストレッチでしなやかにしよう!!】の続きを読む


    毎日ちょこちょこ『くびれエクササイズ』で納得のいく“あなたのくびれ”を手に入れよう!


    な女性をいう。女性は初経の前後1年間で体型が急激に変化し、初経の1年後以降となるとバスト(乳房)が丸みがあり(バストの底面も円に近い)、ウェストがくびれて、ヒップから殿溝にかけてボリュームがでるようになるが、スリーサイズや身長などから計算した体格指数(「プロポーション指数」や「プロポーションインデ
    3キロバイト (412 語) - 2019年11月5日 (火) 00:46



    (出典 i.pinimg.com)


    ながらでできる方がストレスにならないからいいよね♪

    【毎日ちょこちょこ『くびれエクササイズ』で納得のいく“あなたのくびれ”を手に入れよう!】の続きを読む


    冬の間に『二の腕痩せ』して、来年の夏はスッキリ二の腕を披露して驚かせよう!


    (二の腕からのリダイレクト)
    二の腕(にのうで) 上腕に同じ。古くは「一の腕」といっていたが、いつしか誤用されて二の腕というようになった。語源は上腕二頭筋から来ているとの説があるが、裏側の上腕三頭筋も含めて「二の腕」と表記することが多い。 生物学的には「人間の腕は哺乳類の前肢にあたる」とも、反対に「哺乳類の前肢はヒトの腕にあたる」とも表現可能である。
    4キロバイト (513 語) - 2016年2月9日 (火) 04:47



    (出典 ddnavi.com)


    今から取り掛かれば余裕で細くなるよ♪

    【冬の間に『二の腕痩せ』して、来年の夏はスッキリ二の腕を披露して驚かせよう!】の続きを読む


    肩こり(かたこり 肩凝り)とは症候名のひとつ。肩だけでなく、首も凝ることが多い。「肩が張る」とも言う。主に僧帽筋に起こる症状。厚生労働省による国民生活基礎調査(2015年度)における有訴者率で男の2位、女の1位を占める症状である(男の1位、女の2位は共に腰痛)。
    8キロバイト (1,259 語) - 2019年11月12日 (火) 10:07



    (出典 www.healthcare.omron.co.jp)


    肩がラクになるとスッキリ感が全然違うよね♪

    1 47の素敵な :2019/05/11(土) 03:36:47.24 .net

    肩コリが酷くて辛い VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【皆、『肩コリ解消』に何やってるの? オススメの方法って何!?】の続きを読む


    もも裏が硬いと姿勢も悪くなっちゃうよ。 『もも裏ストレッチ』でほぐしまくろう!


    ストレッチには静的ストレッチのほかにも、筋肉の伸張・収縮を繰り返す動的ストレッチ、リハビリテーションの手法を取り入れたPNFなどがある。 今日、ストレッチはスポーツにおけるウォーミングアップ、クールダウンの中で盛んに行われ、重要な役割を果たしている。 ストレッチの分類方法にはいろいろあるが、以下が一般的である。
    16キロバイト (2,035 語) - 2019年10月1日 (火) 23:17



    (出典 images.yogajournal.jp)


    いつまでもキレイな姿勢でいたいよね♪
    姿勢がキレイだと気持ちも前向きになる気がしない?

    【もも裏が硬いと姿勢も悪くなっちゃうよ。 『もも裏ストレッチ』でほぐしまくろう!】の続きを読む

    このページのトップヘ